FX取引でもデイトレードはできる?

FX取引では、だいたい数時間から1日の期間で利益を得ようとするやり方を、デイトレードといいます。分析の方法としては、まず1日の方向性を見たうえで、60分足、10分足、5分足とそれぞれチェックしていくやり方と、60分足だけに注目する2パターンがあります!

超短期のスキャルピングにくらべると取引回数は減りますが、1回で数十銭くらいの利益を見込めるようになります。また、最大のメリットはその分だけ手数料も減らせるということなので、初心者の方はまずデイトレードから試してみるのもよいでしょう!


◆デイトレードの基本を押さえよう!

FX取引のデイトレードでは、まず日足で大きな流れを見ておいて、60分足や10分足、5分足のチャートで売買のタイミングをはかっていくことになります。トレンドラインやボリンジャーバンド、ダウ理論なども参考にするとよいでしょう!


◆デイトレードにはどんなメリットがあるのか?

iFOREXなどの海外業者でデイトレードを行う最大のポイントは、何といっても手数料を減らすことができる、ということ!そして、その分だけじっくり取り組むことができるようになるのも、大きなメリットといえるでしょう。

スキャルピングとくらべると取引できる回数が減ってしまうので、焦ってしまう人も多いと思いますが、FX取引には24時間いつでもチャンスがあります。デイトレードで損失を出すと大きくなりがちなので、より落ち着いて取り組むようにしましょう!Binary88などの業者では、バイナリーオプションでもデイトレードを行うことができます!


◆スイングトレードはデイトレードと組み合わせて使おう!

スイングトレードは、数日間かけて取引する方法です。特にレンジ相場は数日続くと変動が起こりやすいので、日足でトレンドが見られるときにはチャンスです!

基本的には週足と日足を見ながら、4時間足などもチェックして、大まかな相場の流れを見きわめていきます。デイトレードにくらべて、より大きな動きで利益を得ようとする方法なので、リスクを考えて投資額は少なめにしておきましょう!

手数料がほとんどかからないので、デイトレードよりもさらにコストを減らすことができるのも大きなポイントです!ただし、トレンドが出ていないと使いにくく、なかなかチャンス自体を見つけられないという弱点もあります。

そのため、スイングトレード単独で取引するのではなく、デイトレードとうまく使い分けて利益を上げていくとよいでしょう!

2016年は、さらなるアメリカの利上げによって、米ドル高のトレンドが続くことが予想されています。スワップポイントを狙ううえでも、スイングトレードはぴったりの方法なので、ぜひ活用してみてください!